このブログは千葉県松戸市の高島司法書士事務所が運営しています。

名義変更.net(meigihenkou.net)という、不動産の名義変更手続きが主要業務である司法書士にふさわしいドメイン名を取得したものの、これまでは有効に活用することが出来ておりませんでした。

松戸の高島司法書士事務所では、2002年2月に開業した当初からインターネットのホームページを開設することにより、司法書士事務所の集客をおこなってきました。

司法書士高島一寛の前職がコンピューター関連だったため、ホームページの作成やブログの開設を全て自分ですることが出来たので、他の多くの司法書士事務所に先駆けてインターネットを活用してのマーケティングが可能だったのです。

それから15年以上の時が流れて、司法書士事務所がホームページやブログを集客のために活用するのは当たり前の時代となりました。当事務所の所在地である千葉県松戸市内でも、多くの司法書士事務所がホームページやブログを開設するようになっています。

現在、当事務所へのご依頼が多いのは、千葉県だと松戸市、柏市、流山市、市川市、我孫子市あたりにお住まいの方です。また、東京都内でも葛飾区、足立区あたりにお住まいの方からは多くのご依頼をいただいています。

ところが、10年くらい前までは、ホームページを開設している司法書士事務所が少数だったため、千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県、茨城県など、かなり広範囲にお住まいの方からご依頼・ご相談をいただいていました。

最近でも、相続放棄の手続などでは当事務所運営サイトをご覧になったことで、遠方からご相談にお越しになる方もいらっしゃいますが、業務の全体としては松戸市やその周辺にお住まいの方からのご相談がメインになっています。

それでは、司法書士事務所によるホームページが激増した現在、松戸の高島司法書士事務所へのご依頼件数が激減しているのかといえば、決してそんなことはありません。

当事務所では開業してから現在に至るまで、インターネットを活用した集客のみで営業を継続しています。開業から15年以上が経過した今では、かつてのお客様からの紹介なども増えていますが、新規の集客手段がインターネットによるマーケティングだというのは変わっていません。

当事務所が、今でもインターネット経由での集客をおこなえている最も大きな理由は、司法書士事務所を探すのにインターネット検索を利用される方が多くなっていることです。他の司法書士事務所との競合はあるとしても、インターネット経由で集客できる人の数が、以前と比べて遥かに多くなっているわけです。

それでも、他の司法書士事務所よりも集客力が劣っていたとしたら、松戸の高島司法書士事務所には全く依頼がなくなってしまう可能性だって十分にありました。

その点に関しては、15年以上前にインターネットのホームページを開設したときから今に至るまでずっと、新たなホームページの作成やブログの更新を怠らなかったのが勝因だと考えています。IT関連の知識に長けた司法書士自身が、インターネットによるマーケティングを15年以上に渡って継続しているわけですから、それを上回るのは並大抵のことでは不可能です。

ところが、このサイトに使用しているドメイン名(meigihenkou.net)は、そのうち何かに使えるかと思い取得していたものです。「千葉県松戸市にある司法書士事務所のウェブサイト」というような狭い範囲ではなく、名義変更の手続に関連する有用な情報を発信できるサイトが作れるかもしれないというような漠然とした考えではありますが。

しかしながら、現在では「名義変更」に関するページなど星の数ほどあるような状況ですから、もっとターゲットを絞ったサイト作りをしないと、ただただ埋没してしまい誰にも見て貰えないものになってしまいかねません。

そこで、当面このサイトについても、松戸の高島司法書士事務所が運営するウェブサイトについてのSEO対策に役立てるのを目的とします。

当事務所では、このブログのサイドバーにもあるように多数のウェブサイトを保有しています。これらの全てが松戸の司法書士事務所のサイトを上回るものになるよう、私の持つ力の全てを注いでいくつもりです。

千葉県松戸市の人口は現在50万人弱ですが、インターネットによるマーケティングで十分な集客を得られるのは、松戸駅周辺の司法書士事務所のうち、せいぜい2つか3つでしょう。とくに、相続登記など司法書士事務所にとって効率的に処理できる業務については、1つの事務所がほとんどを独占するような状況もあると予想します(現在も事実上、そのような状況であるかもしれません)。

松戸に住んでいる方が、相続登記をするために司法書士事務所を探そうとする場合に、松戸の高島司法書士事務所のウェブサイトばかりしか目に付かない状況を作り出せたらどうでしょう。そうだったならば、インターネット経由での相続登記のご依頼を独占することだって出来るかもしれません。

実際、消費者金融等に対する消滅時効援用の手続では、それに近いような状況があると考えています。検索の仕方にもよるでしょうが、消滅時効援用関連のキーワードだと、松戸の司法書士のなかでは当事務所ばかりが表示されています。

相続登記や相続放棄ではそこまで極端な状況にはなっていませんが、複数のサイトを活用すれば同じような状況が再現できるかもしれません。

その根拠としては、「司法書士 松戸」などのキーワードでGoogle検索をすると、現在は当事務所の運営サイトが1,2位を占めています。同じ運営者のサイトであっても、Googleに評価されれば1,2位を独占できるわけです。相続登記に限らず、インターネットを利用して松戸で司法書士事務所を探している方の目には、当事務所ばかりしか見えないとの状況を作り出すことも不可能ではないのです。

少し話が大げさになりましたが、このブログも松戸の高島司法書士事務所の集客のために大いに活用していきます。今後は、もう少し具体的な司法書士業務の話なども書いていく予定です。